直線上に配置
バナー

駅弁原色図鑑025・


Back   Next

鯛めし
小田原駅(東華軒 \710)
鯛めし 小田原駅名物
原材料名 朝5時製造、らしい
蓋を開けて 登場
鯛風な魚肉が敷き詰められている 椎茸にあさり照り焼き
梅干しに大根桜漬け 蒲鉾に竹輪
わさび漬け 味付けは意外と薄味
あさりは美味い わさび漬けは結構辛い
鯛風魚肉は分厚い 量は見た目より少ない
梅干しの種 ご馳走様

1907(明治40)年登場した小田原の名物駅弁。
鯛が高騰した昭和40年代頃から鯛は代用品に変更されているらしい。
なので原材料名の中に「鯛」の文字はない。
710円という価格から考えれば順当な味と量ではあるが少々量的に物足りなかった。
なおこだま号下りだと小田原駅には約5分停車する。売店は11号車辺りにある。
75点




Back   Next


駅弁TOP

TOP
Copyright (C) 2001-05, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link

直線上に配置