直線上に配置
バナー

駅弁原色図鑑027・


Back   Next

貝づくし弁当
品川駅(JR東海パッセンジャーズ \900)
初登場の旧日本食堂 新幹線品川駅
開業記駅弁 原材料名と添加物名
639kcalのカロリー表示
午後13時が消費期限!!! ロング
見事な貝づくし こちら貝柱
アサリ ホタテ貝
紅ショウガ 右はオカズの部
蕗(ふき) 人参と筍
蓮根 ごぼう
野沢菜 玉子焼き
茶飯ベースにきざみ海苔 こちらは青のり
玉子焼きは分厚い 筍は軟らかく美味
貝柱はほとんど味付け無し アサリは薄い醤油味醂味
帆立は甘い味付け 三つの貝を異なった味付けで
調理してある
塩辛い野沢菜が全体的に
甘辛いこの駅弁にはマッチしている
ご馳走様

前回の「アサリ弁当」の雪辱をと購入したJR東海パッセンジャーズの駅弁。
旧国鉄時代は「日本食堂」と称し正直、高い不味いの折り紙付きだったが
1988年の旧日本食堂からの分社化後、地道に企業努力を重ねて
それなりの「駅弁」を販売しているようだ。

この「貝づくし弁当」も前回取り上げた自笑亭の「アサリ弁当」より味・質共に凌駕している。
貝のほとんどが国産物では無いと思うが味付けを工夫している所は評価できるし
煮物の素材を生かした調理の仕方も好感が持てる。

正直、JR東海パッセンジャーズ の駅弁を
これからは積極的に食していこうかと考えている。
80点




Back   Next

駅弁TOP

TOP
Copyright (C) 2001-05, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link

直線上に配置