直線上に配置
バナー

駅弁原色図鑑030・


Back   Next

うなぎわさび飯
新富士駅(富陽軒 \1300)
いかにも「駅弁」の風体 加熱式容器なので厚みがある
うなぎ+わさび 「極上」
原材料名 初登場「富陽軒」
口上 鰻の効用
わさびの効用 上蓋を開けるとたれとさんしょう
「おてふき」を取り出し 再び蓋をして
図解のように 一気に紐を引く
待つこと8分 温まった蓋を開ける
蒸気で曇っている オープン
八つに切られた鰻 うまそー
厚みもある ごぼう
わさび茎 錦糸玉子
わさびの青菜部分が
ピリリと辛く美味しい
うなぎは丁度良い
大きさにカットされてある
うんまい 鰻の皮もサクサク
醤油味のご飯とピリッとくるわさびが美味 ご馳走様
一番そこに入っている「発熱ユニット」 厚みがある

ジェット式加熱容器のうなぎ弁当。
甘いうなぎと辛いわさびは見た目以上にマッチしていて大変美味しい。
駅弁は本来冷めても美味しい物が最上なのだが
こと「鰻」に関してはやはり温かい物が最上だと実感させられた。
ご飯の量も十分で鰻弁当としては今までで最高の駅弁。
なおご飯は醤油味で味付けしてあるので
添付の鰻用タレを全て付けるとかなり味は濃くなるのでご注意を。

ちなみに新幹線新富士駅上りホームだと富陽軒の売り場は6号車あたりにある。
こだま号だと6分の停車時間があるので余裕で買うことが出来る。
90点




Back   Next

駅弁TOP

TOP
Copyright (C) 2001-05, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link

直線上に配置