直線上に配置
バナー

駅弁原色図鑑059・


Back   Next

鯛めし
三島駅(桃中軒 \650)
桃中軒の 鯛めし
650円の低価格駅弁 原材料名と添加物等
ロング 味付けご飯
別容器に入った 鯛そぼろ
鶏肉だんご 鶏唐揚
プチトマト 昆布の佃煮
そぼろを半分ほど ご飯の上に
そぼろは少し甘め 鶏唐揚げは美味
結構ご飯の量がある
途中経過 鶏肉だんごは薄味
昆布も薄味 ご馳走様

明治末期から販売している桃中軒の看板駅弁。
650円という安価な駅弁にしてはご飯の量が多い。
鯛そぼろは少し甘い。明治末期ならこの甘さも貴重だったと思うが
現代の飽食の時代ではもっと甘さを押さえても良いと思う。
鶏肉が二つも用いられている。もう一つ工夫が欲しい。
また口直しの漬け物がない。是非定番わさび漬けを付けて欲しい

小田原駅にも同名の駅弁があるがあちらは60円高く量も少ない。
買うならこの三島駅の「鯛めし」をお奨めする。
78点




Back   Next

駅弁TOP

TOP
Copyright (C) 2001-05, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link

直線上に配置