直線上に配置
バナー

駅弁原色図鑑082・


Back   Next

幕の内弁当 竹 
新横浜駅(崎陽軒 \900)
幕の内弁当
厚みある 消費期限は早め
原材料名 添加物等
お馴染み濡れテイッシュ割り箸爪楊枝 ロング
俵型ご飯 黒ごまと小梅
こちらはおかずの部 里芋の田楽
人参煮 蒟蒻の土佐煮
串銀杏 菜の花漬け
大根桜漬け 鶏肉の甘煮
メインおかず 十八番のシウマイ二個
かまぼこ 玉子焼き
カジキ鰹の照り焼き 筍煮
いただきます 帆立入りシウマイは変わらない味
煮物は美味しい 菜の花の漬け物は美味
デカイ、カジキ ご飯は冷めても美味しい
かまぼこもデカイ お馴染みの筍煮
玉子焼きはイマイチ 鶏肉は甘く煮てある
鰹節の付いた土佐煮 途中経過
カジキがやはりデカイ 残った小梅
種をいただいて ご馳走様

崎陽軒の「幕の内 梅」510円の高級版「幕の内 竹」900円。
崎陽軒の弁当の中では900円はかなり高い部類に入る。

「シウマイ弁当」と同じ食材であるシウマイや筍煮が流用されて
あまり独自性は感じられない。
ただ串銀杏や菜の花の漬けものはめずらしい。
やはりカジキ鮪の照り焼きが圧倒的迫力である。
また味も良く食べがいがある。
幕の内と言うより「カジキ照り焼き弁当」の方がしっくり来る。

(余談だがシウマイ用の醤油は入っていたが辛子が入って無かった。淋しかった)
80点




Back   Next

駅弁TOP

TOP
Copyright (C) 2001-05, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link

直線上に配置