直線上に配置
バナー

駅弁原色図鑑086・


Back   Next

八戸小唄寿司
八戸駅(吉田屋 \1100)
八戸駅内コンコースにて購入 八戸
小唄寿司 第一位、のようだ
富山のますのすしと似た容器 裏側
口上 明治25年創業の吉田屋
地元八戸の業者 全国観光土産品連盟推奨品
当日6時の製造 原材料名
添加物等 容器
三味線のバチ 蓋を開ける
醤油と甘酢生姜 オープン
色鮮やか しめ鯖
紅さけ 脂が乗っている
酢飯 しゃりもぎっしり
バチで切り込みを入れて すくって食べる
勢い余って落とすこともあるので注意 断面
途中経過 〆てある
かなり酢はきいている 生姜が甘くて美味しい
量も 十分
最後には切るのも慣れて来た ごちそうさま

本場八戸のしめ鯖とサーモンの寿司。

鯖は八戸近海のものをこだわって使っているのそうだ。
昔は本物の笹が敷かれていたがコスト軽減の為ビニールになってしまったようだ。

バチで切るのは慣れないと大変。
富山のますすしも有名だがこちらは二種類のネタなので食べていて飽きが来ない。
83点




Back   Next

駅弁TOP

TOP
Copyright (C) 2001-05, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link

直線上に配置